社員の「ひとこと」Blog

2022.01.24

ある意味気になるクソゲーというジャンル

私はよくゲームをするのですが、たまに買ってみてはずれだな。。。

って思うゲームに当たってしまうことがあります

もちろん自分の感性に合わないだけで、実はかなりの良作というパターンもありますが、

自分的にはうーむ。。。と思う時がどうしてもあります

個人が思う感性はばらばらだとは思うのですが、それだけでなく、

誰が見ても、ゲームの完成度、バグの多さ、ストーリーが破綻しているなど

ひどいものをクソゲーと呼びます。

 

この呼び名は1980年代からあるらしいです。

不名誉極まりないですが、更にクソゲーオブザイヤーという最高に不名誉な称号があります。

2004年頃からあるらしく、今年一番クソだったゲームを決めるもので、

映画のゴールデンラズベリー賞のゲーム版です。

調べるとそうりゃそーなるわって内容のゲームが多く出てきます。

あまりにひどくて、少し面白いんじゃないかと錯覚してしまうくらいです

急に画面がフリーズし、データ破損

元々ゲームがコンプリート出来ない仕様

有名ゲームの音楽を盗作し丸パクリ

などなどたくさんあります。

 

中にはクソゲーハンターなる人達もいるらしく、

ある意味需要があるクソゲーです

私はそこにノミネートするような作品はまだやったことがないですが、

機会があれば一度やってみたいと思います!!

目指せ!クソゲーマスター!

トラックバック

トラックバックURL: