社員の「ひとこと」Blog

2021.02.15

活字にはまるかもしれない。。。

この頃なにか家で出来ることを増やそうと考えていることが多いのですが、なかなかないんですよね。。。

良くすることといったら、動画を見る(映画、TV、アニメ、ユーチューブなど)、ゲーム、漫画、筋トレ

他にしていることがないんです

それこそ料理にはまったりしたら凝ったものを作ったり、スキルがあがったりして、いいことだらけなんでしょうけど、現実はなかなかうまくは行きません。。。

まず、凝ったものを作ろうという気にはなれません!!

昔の自分がすごいと心から褒めたいのと、ほんとに自分か???と思ってしまいます。。。

なにかないかと考えているときに活字の小説を見つけました。

これはありなのでは??と思い、コーヒーをいれて読み出しました。

最初は眠くなりそう。。。いや、すでに眠いなんて思ってましたけど、途中から世界観に引き込まれ、最終的には読破し、涙がこぼれていました

ほんと涙もろくて笑われましたが、それほどに素敵な話でした

映画などの動画であれば、動き、絵、色、音楽などから視覚的にもいろいろ感じるものがあると思うのですが、小説の場合は活字のみです。

視覚情報、聴覚情報なしなので、読みながら自分の想像の人物たちが動いているような感覚だと思います。

なのにその世界観に引き込まれ、涙してしまうほどの小説は素晴らしいと思いますし、今までにあまり味わったことの無い感覚に陥りました。

読み終わったときに満足感と、少しの喪失感、登場人物たちへの思いで、感傷に浸ってしまいました。。。

今まであまり漫画以外の本をよんではこなかったので、これはありでは???なんて考えています。

まずは有名なところや、自分の好きそうな小説、表彰されているものなんかを読んでみたいと思います!

休日は本屋にGO!!

ちなみに私はデジタル版より、紙を1枚1枚めくって読むほうが好きです!

そのほうが読んでいるって感じますし、思い入れが生まれる気がします。

作品の世界感に引き込まれるのに紙の本のほうが早いのでは?なんて思ってます。

今風の考えではないと思いますが、わかりますかね?

トラックバック

トラックバックURL: