社員の「ひとこと」Blog

2021.02.08

チョコとココアと錬金術師

もうすぐバレンタインですね!

チョコレートは好きですか?

わたしは大好きです。ゆうなればMy favorite sweetsです!!!

なんといってもチョコの甘味の中にあるカカオの深み、色々なものとあうバリエーションの豊富さ、そしてコラボレーション。。。

うーん、素晴らしい!!!!!

ふう。。。(笑)。。。!?

 

チョコレートは昔からすごく好きで、よく親に買ってもらっていたのですが、いつも決まって同じようなものでした。

大人になって色んな種類のものを食べて更に良さに気づき、ハマっている今日この頃なのですが、原材料カカオということ以外にはあまり知らないなと気づいてしまったのです。

これはチョコレート好きの、いや!、チョコレイターの私には知っておかなければならないと思いました!!

そもそもチョコレートとはカカオ豆を煎って粉末にしたものに砂糖や粉乳カカオバターなどを加えて練って固めたもの。

粉末や飲料のものはココアという。

この時点でわたしのなかのチョコ知識に激震がおきました。。。!!!!

ココアがほぼチョコ。。。だと?!

知りませんでした。。。恥ずかしい限りです。。。ちゃんと勉強します(笑)

 

語源としてはメキシコインディオで苦い水という意味でショコラトールという言葉からきているそうです。

メキシコ原住民の間で薬用飲料として飲まれていた香辛料をいれた飲み物で、固形でも甘くもなかったそうです。

苦い水?香辛料?甘くもない?固形でもない?それはチョコなのか????

一層謎が深まりました。。。

その後改良に改良が重ねられ、日本では大正7年に森永製菓が本格的な製造をして人気が出たそうです。

今日はありがたく森永製菓のお菓子を買って帰ります(笑)

 

今のチョコレートがあるのは先人たちの知恵と努力によるものだと知って、感謝の気持ちが芽生えました。

苦い水を甘く固形のお菓子に変えてしまった人の努力に驚かされるばかりです。

もはや錬金術師なのではないかと疑いの目を向けてしまいます。。。

どんどんおいしくなっていくチョコレートはどこまでおいしくなるのか、どんなチョコレートが生まれるのか、非常に楽しみです。

今後に期待して毎日チョコを食べたいと思います!!

トラックバック

トラックバックURL: