社員の「ひとこと」Blog

2020.05.27

6月の花 「あじさい」

 少し先取りになりますが6月の花、「あじさい」についてです。

科名:ユキノシタ科 別名:ハイドランジア 原産地:熱帯アジア

開花時期:5月~7月 花言葉:移り気、高慢、辛抱強い愛情、元気な女性

花言葉は花の色ごとに違うらしく、【青=辛抱強い愛情】、【ピンク=元気な女性】、【白=寛容】です。

花言葉からも母の日の贈り物としてピンクが好まれているらしいです。

そんな「あじさい」は、梅雨時期に咲く花として有名な花木です。

性質は丈夫で大変育てやすく花色も豊富にあります。

大きく分けて日本原産の「アジサイ」とヨーロッパで改良された「西洋アジサイ」があります。

西洋アジサイは鉢花として出回ることが多く、花のボリュームがある割には背丈は低く抑えられています。

乾燥には弱く、土は常に湿った状態に保っておく必要があります。

「あじさい」の花に見える紫やピンクの部分が実は顎(がく)で、本来の花は真花(まか)といい、顎に隠れていて普段目にする機会は無いそうです。

梅雨の時期は気持ちが重くなりやすいですが、そんな時期にもきれいに咲く花があることを改めて知り、季節の移ろいをすこしでも楽しんで生活したいと思いました。

遠出は自粛したほうがいいかと思いますが、「あじさい」なら普段生活している範囲でも見らける場所がある。。。かもなので、是非この機会に見てくださいね。

トラックバック

トラックバックURL: