社員の「ひとこと」Blog

2020.07.31

八月一日さん

はやいものでもう7月も終わりですね

明日からはもう8月だというのに梅雨も明けずパッとしない天気が続いています

【八月一日】  何と読みますか?

多くの人は はちがつついたち と答えるでしょう

【八月一日さん】  何と読みますか?

・・・?

【ほずみさん】 と読むそうです

米の収穫時期である9月中旬が旧暦では8月となり、8月1日に稲の『穂』を『積』んで、

神様にお供えをして豊作を祈ったそう

穂積の異形として今なお残っているれっきとした日本古来の苗字です

ついたちのことを『朔日』と示すことの方が多いため、パソコン等で ほずみ と

入力すると 【八月朔日】 ←こちらがでてきますね

【四月一日さん】 

衣替えシーズン 綿を抜く から派生した  ←めっちゃざっくり

【わたぬきさん】

とともに日付がそのまま苗字となった貴重な例をご紹介しました

ちなみに 苗字に使われる動物で一番多いのは 犬でも馬でも牛でもなく 『熊』らしいですよ

トラックバック

トラックバックURL: