社員の「ひとこと」Blog

2021.08.10

何事にも興味を”カレンダー”

 ふと目の前のパソコンから目を上げると、壁にカレンダーがかかっていました。

いつもはあと何日で休みだ!、今月は誰々が誕生日だ!なんてことしか普段は考えていなかったのですが、今日は違ったことを考えていました。

日付が書かれた表をなんでカレンダーと呼ぶのだろう。

いつからこれをカレンダーと呼んでいるのだろう。

そんなことを考えていました。

ふとした瞬間にそんな風に考えることってありませんか?

私は昔からたまにあって、そのたびに調べてきました。

気になったら調べてしまうけど、興味がないものはとことん興味がないのが私の特徴です。。。w

なので今回はカレンダーについてです。

そもそもカレンダーとは、日付、曜日などを表形式などで表示したもの。

七曜表ともいうらしいです。

カレンダーの語源は英語のcalendarからきているみたいです。

そこは想像通りでした。

英語以外にないでしょなんて思ってたら、英語のカレンダーの由来がラテン語らしいです。

英語破れたり。。。w

カレンダーの起源はかなーり古いらしく、紀元前18世紀頃に、月の満ち欠けで測っていたそうです。

新月から次の新月までを1か月として数えるルール、太陰暦が出来たのが始まりとのこと。

昔からを見て生きてきたんだなと思いました。

その後、誤差の問題や宗教の問題などが多々あり、今のカレンダーになっていったみたいです。

世界にはいろんな言葉や宗教、生活様式の人がいて、場所によって季節、温度、日の入りなどが違うのに、いきなり1か月、1年のタイミングを合わせることは出来ないなと改めて思いました。

気になったら調べてみるというのはいい事だと思うので、今後も調べていきたいと思います。

あとはほかのことにも興味を持つようにします。。。

トラックバック

トラックバックURL: