社長の三行日記

2017.06.13

失敗談 No.2939

 恥ずかしいのですが私の失敗談をお話しします。先週の金曜日のことです。同友会の県の役職を務めている関係で、午後から静岡で開かれる総務財務委員会に出掛けました。

いつもの通り、委員会では財務的なことや規約の中で少し解釈があいまいになっていることなど、何点か協議を終えたわけですが、その後これも定例的になっている飲み会に先輩会員たちと繰り出しました。

会議は16時から約2時間ぐらいですから、飲み始めたのはまだ早い時間で6時過ぎだったと思います。先輩と結構いい調子で日本酒を差しつ差されつ、2合徳利で4~5本空けたでしょうか。従ってちょっとばかり酩酊していたものと思われます。

こうして帰りの途についたわけですが、静岡発20:03の上り東海道線普通電車に乗りました。静岡では比較的混んでいて座席には座れないため、吊革につかまり立っていました。ですから多分このときに持っていたバッグを網棚に載せたのではないかと思われます。

そして1駅か2駅して直ぐに前の座席が空き、座れることになりました。こうなったらあとはもう眠るだけで、降りるはずの片浜駅を通り越してしまうのが時々のパタ-ンです。でも今回はちょっとそれが違っていました。

なぜか片浜駅に着いた途端、目を覚ますことができ、何か見慣れた駅だなと気がつき、慌てて飛び降りたのです。そしてここまではよかったのですが、片浜駅からの帰り道、何か手が軽いなという手ぶらの状態に気がついたのです。

そうです、バッグを置き忘れてきたのです。バッグの中には大したものは入っていなかったのですが、それでも日常付けている業務上の日誌を記入しているダイアリ-ノ-トや、会社の鍵などが入っているのです。

そして家についてから家内にその旨話をして、JRの遺失物係に電話をしてもらいました。ところがJR東海のこの係にも見当たらないとの返事があり、電車の終点が熱海だったことから管轄のJR東日本の同係も教えてもらったのですが、やっぱりありません。

また翌日の早朝にも同様に問合せをしたのですが、その期待は外れました。ところがこの日、所用で午前中出掛けていたのですが、家に帰ってみるとJR東海静岡駅のこの係からバッグがあったという連絡を頂いたとのことでした。ですからバッグは熱海を折り返し、静岡までまた行ったのですね。

やはり嬉しかったですね。そして更に嬉しかったのは着払いで送ってもらったこの荷物が、丁寧な二重の梱包をされていたことです。こちらの不注意以外何物でもないわけですが、こうした丁寧な取り扱いや対応には頭が下がる思いでした。

こうしてちょっとした油断が人様に迷惑を掛け、また、まかり間違えば取り返しのつかない事態にも発展しかねないことに大いに反省をさせられた次第です。もちろんその翌日だった昨日、この遺失物係の方にはお礼の書状をお送りしたのは言うまでもありません。

ページの先頭へ