社長の三行日記

2017.05.30

加計問題 No.2933

 加計学園問題がちょっと政権を揺さぶるところまで発展するかもしれません。文科省の前事務次官だった前川氏が記者会見まで開いて、この問題が総理の意向だったとする、文科省での内部書類が本物だったと証言したからです。

ご存知の通り、この問題は加計学園が国家戦略特区で優遇されて、今治市に獣医学部を新設することになったことです。しかもこの学園の理事長は安倍首相と30年もの友人であり、安倍首相本人もしくは側近が、その意を受けて、ことを早急に進めていったからだと言われているものです。

一旦、文科省ではこの文書についてはなきものと否定をしましたが、急遽、ここにきて官僚のトップでもあった事務次官の前任者がそれを覆す発言をされたのです。その発言については勇気あるものとした肯定意見や、行政の在り方がゆがめられたと話したことに対しての否定的な見方に大きく分かれています。

前川氏は自分の発言で文科省は困ったことになると言いながらも、再就職先や現役に配慮して古巣に不都合なことは言わないのが今までの常識であるにもかかわらず、自らの発言が今までの官僚人生や人間関係を断ち切ってまでも訴えたかったこととして、その覚悟の強さに驚きの声さえ上がっています。

また一方では行政の在り方がゆがめられたと話したことに対し、それではなぜ責任ある立場の現役の時にそれを言わないのかといった違和感や、先の文科省天下り問題で就任したばかりの事務次官の座を降りなければならなかった怨念からの意趣返しとまで言われているところもあります。

でもどうでしょう。一部新聞にも記載されている、ここで急遽、読売新聞などを使っての前川氏が出会い系バ-に通っていたとの下種な報道は官邸からのリ-クに違いないことから、こうしたケ-スでやましいことがなければ出るはずもないとも思えるものです。

このところ総理の一連の強気の発言が目立っている今、先の森友問題といい、今回の加計学園問題にしても火のないところに煙は立たないというものでしょう。まあ言ってみれば自分の思うがままに振る舞っていたところから油断したのではないでしょうか。

こうなれば私たち国民からすれば、その疑惑をとことん追求してもらいたいものです。でも全く頼りない民進党はじめ野党ではこの先どうなることでしょうか。私からすれば今までのしがらみも一切捨て去り、告発をした前事務次官の勇気ある行動を無駄にして欲しくないものです。

このように順風満帆に進んでいるときほど、人間には隙ができやすいものです。私たちも対岸の火事とすることなく、日常生活において十分気をつけなければいけません。蛇足ですが、しばらくカキコミしていなかった私でも、今回のことは書かずにはいられませんでした。

ページの先頭へ